公開日:2021.9.24 
最終更新日:

車の価値を高める方法

クルマの価値が上がる?!将来査定が有利になるメンテナンス ~キズ編~

 

私たちは、なぜ車のメンテナンスをするのでしょうか。突然の故障を防ぐため、新車当時と変わらぬ燃費を保つため、思わぬ事故を防ぐため、長距離走行前の安全チェックのため・・・など、色んな理由がありますよね。

 

快適なカーライフのためには、欠かせないメンテナンス。その代表格といえば、オイル交換、タイヤ交換、洗車、車検などです。ここら辺を押さえておけば、とりあえずは問題ないと思う方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、よく考えてみてください。カー用品店には、車をメンテナンスするための無数の商品がありますよね。いったい何に使うのか、車にあまり興味がない方にはよくわからないものも多々あります。言い換えると、そのぐらい、車のメンテナンス方法は多岐にわたるということです。

 

マニアックかつこだわりのメンテナンスはしないとしても、どうせするなら、愛車が長持ちするコツがわかればいいですよね。さらに、そのコツを押さえれば、愛車の状態が良いまま保たれるので、将来査定が有利になる場合もあります。

 

このシリーズでは、多岐にわたる車のメンテナンスについて、カンタンに取り入れられるものをご紹介します。コツを押さえて賢くメンテナンスして、愛車の寿命を延ばすのもよし、将来の査定に備えるのもよし。ぜひご覧ください。

 

 

 

クルマの査定に影響するキズ

査定に影響ありの擦り傷

外を走っている以上、車に細かなキズがついてしまうのは避けられないことですよね。ただ、ひと口に「キズ」といっても、大きさや深さ、ヘコミを伴うかどうかなど、その状態はさまざまです。愛車をよーく見ると、大なり小なりキズを発見した経験がある、という方がほとんどではないでしょうか。

 

また、車を手放す際には、キレイな状態の方が高額査定となるのも事実です。となると、できてしまったキズはなんとかしたいものですよね。

 

では、査定に影響するキズとは、どのようなものでしょうか。

 

 

・キズに爪が引っかかる

(塗装面に段差がつくほどのキズは、コンパウンドなどの研磨剤で消すことが難しいです。自分でキズを補修しようとすると、かえって塗装面を傷める場合があります。プロに相談することをおすすめします。)

 

・ボディの下地が見えている

(放っておくとサビができるので、早めの補修をおすすめします。)

 

・細かいキズであってもボディ全体についている

 

 

このような場合は、査定に影響する場合があります。つまり、板金や塗装の修理をしなければならない場合、査定に影響するキズがあるといえます。

 

1cm未満のキズやヘコミ、*¹磨きを必要としない、などに当てはまる場合は、査定にはほぼ影響しません。

 

とはいえ、一番目につきやすいドアやボンネットなどのキズやヘコミ、またキズから広がるサビなどへの対策には、日頃の洗車やメンテナンスが重要なポイントです。次の章で詳しくみていきましょう。

 

 

*¹磨きとは、市販のコンパウンド剤、ワックス、ポリッシャーなどを使用して、できてしまったキズに入り込んだ汚れを落とすことです。ドアハンドルやトランク付近などによくある、人の爪でついたキズや、洗車機のブラシが原因でついたキズに有効です。

 

 

 

クルマの価値を高める?!磨きの重要性

磨き

車のキズを消したいときは、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドや整備工場などで修理を相談することが一般的です。飛び石などでできた小さなキズなら、市販のキズ消し剤を利用して自分でケアするセルフ補修も選択肢の一つです。コンパウンドやキズ消しワックスなど、キズの場所や大きさによって、さまざまな商品から選べるので、店舗等で相談するときは、ボディ色や、どの部分を補修したいかを伝えながら話を進めるのがよいでしょう。

 

また、少しでもクルマの価値を高めるには、洗車と、セルフ補修の磨きを定期的におこなうことが大切です。洗車や清掃をしっかりしている車は「大切に扱われてきた」という印象を与えます。

 

 

洗車のコツ

手洗い洗車がおすすめです。洗車機のブラシによる洗車キズの増加を防ぐのはもちろん、アスファルトのタールや鳥の糞などの落ちにくい汚れ、変色の原因も逃さずに落とすことができるからです。

 

洗車について詳しい記事はこちら→クルマの価値が上がる?!将来査定が有利になるメンテナンス ~洗車編~

 

 

磨きのコツ(手で磨く場合)

 

1. ボディは冷ましてから

炎天下での作業やボディが熱い状態では、キズを消すどころか、逆にコンパウンドの磨きキズをつけてしまう可能性があります。磨く箇所をしっかり冷まして、日陰で作業するのがおすすめです。

 

 

2. 指先だけでは磨かない

ウエスや布、スポンジなどにコンパウンドをつけて磨く際に、指先でゴシゴシと磨きたくなりますよね。しかし、一点に力を集中してしまうと必要以上に力がかかってしまい、キズを目立たせてしまうことがあります。コンパウンドは、優しく伸ばすように、手の平や、3本の指の腹全体を使って磨くのがおすすめです。また、固いタオルはキズを増やしてしまう原因になるので注意しましょう。

 

 

3. 少しずつ確かめながら

コンパウンドをたっぷりつけて、一気に磨くのはおすすめできません。まずは、少量でキズがどの程度消えるかを確かめましょう。コンパウンドの液体を拭き取るように撫でるだけで取れる場合もあります。焦らずに作業しましょう。

 

 

塗装の劣化は、新車から5~6年であれば進行していませんが、10年も経つと劣化が目立つようになります。塗装色にもよりますが、色褪せや、表面のクリア塗装に剥がれがあるボディの場合、磨きでは対応できないこともあります。磨けば磨くほど、塗装が剥がれてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

 

キズ消し剤の種類

キズのセルフ補修をする場合には、どのようなグッズがあるのか、みていきましょう。

 

 

コンパウンド

擦ったような浅い引っかきキズを消したいときには、コンパウンドが適しています。はじめは粒子の粗いタイプで表面を削り、段階的に粒子の細かいタイプに変えていくなど、キズの深さに応じて粒子の粗さを選ぶのがポイントです。(チューブ状や液体、シートタイプなどがあります)

 

 

ワックス

ボンネットやドアなど、平らな面についた細かく浅いキズには、伸びが良く広範囲をカバーできるワックスがおすすめです。成分をキズに入り込ませて埋めながら、表面をコーティングしてキズを目立たなくする効果があります。(固形タイプや半練りタイプ、キズの表面を削って滑らかにする効果もある研磨剤入りなどがあります)

 

コンパウンドやワックスで消えないキズには・・・

 

 

タッチペン

小さいハケやペン先で、塗装が剥がれた部分だけをピンポイントに塗ることができるキズ消し剤です。叩くように塗り込むだけなので、扱いも比較的簡単です。

 

 

スプレー

広範囲の擦傷には、ボディカラーと同じ色を塗り重ねることでキズを目立たなくする、スプレータイプがおすすめです。

 

 

それぞれに効果、適したキズ、使い方が異なります。キズの状態や使いやすさを考慮して選ぶとよいでしょう。

 

 

 

キズ消し剤のメリット&デメリット

キズ消し剤は、はじめてでも比較的簡単に補修できるものが多く、価格も手頃でコストを抑えられるのがメリットです。一方、キズに最適なキズ消し剤を使用しなかったり、仕上がりがいまひとつで余計にキズ跡が目立ってしまったり、などのデメリットもあります。

 

さらに、プロの査定士が見れば、そのキズがセルフ補修されたものか、プロの手によって修理されたものか、すぐに見抜かれてしまいます。修理跡や塗装ムラがひどく、セルフ補修したであろうと判断されたら、後々補修する可能性を考慮して、査定金額が下がってしまう可能性があります。キズをセルフ補修するかどうかは慎重に検討したいものですね。

 

車をキレイに磨きたい、ぶつけてしまった車をキレイに直したい、部品を交換したい、修理費用を安く抑えたい、と思う方は多いでしょう。プロに任せるとしても、いったいどこに頼めばよいのかわからず、悩むことがあるかもしれません。

 

そんなときは、会宝産業にご相談ください。私たちの取引先には、信頼できるプロショップが多くあります。その中から、あなたにぴったりのショップをご紹介します。

 

 

 

いかがでしょうか。もしもキズがついてしまったときに、どうするのがよいか参考になりましたでしょうか。

キズの有無は、車の査定時に必ずと言っていいほどチェックされるポイントです。

快適なカーライフのためにも、この記事で紹介したコツを押さえて、楽しく賢くオプション品を装備しましょう。10年後の査定に泣くか、笑うか、あなた次第です。

 

 

私たちは、どんな車でも買取っています。まだまだ走れる年式の新しい車はもちろん、動かなくなった、車検が切れた、廃車にしたい、事故を起こした、放置したままの車、さらにバス、トラック、フォークリフト、重機、農機など、すべての車を買取ります。車本体の査定だけでなく、部品も一つ残らず査定して買取るので、適正金額をご提示できます。

 

あなたが大切に手をかけてきた愛車も、プロの査定士がすべてをチェックし、その価値を正しく査定します。車を売ろうと思ったときは、ぜひ一度お問い合わせください。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

※私たちは日本全国のお客様からクルマを買取っています。国内ならどこからでもお問い合わせいただけます。

 

 

得するコラム一覧に戻る

 

石川県で車買取・見積査定なら会宝産業株式会社

相場より高額買取できる自信あり!

愛車を相場よりも高く売りたい、面倒な手続きをなくして簡単に買取を依頼したいとお考えでしたら、石川の会宝産業株式会社へお任せください。会宝産業株式会社は車のほとんどの部品を再利用するため、中古車や事故車、過走行車をはじめどんな車でも買取可能です。もちろん、査定・見積り・ご相談は無料です。金沢市近郊であれば無料で引き取りにお伺いいたしますので、処分に困った車をお持ちでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県金沢市の車買取専門店 会宝産業株式会社は、国内での販売だけでなく海外への輸出も行っているため、中古車でも相場以上の買取価格が期待できます!石川県内で「車を相場よりも高く売りたい!」とお考えの方は、ぜひ会宝産業株式会社に買取・査定をご依頼ください!お車の査定は無料で承っております。

買取・査定のご依頼はこちら

関連コラム

この記事を見た人はこんな記事にも興味を持っています

得する人気コラム

多く閲覧されている人気の記事はこちら

会宝産業について

車の買取ならお任せください!

石川で中古車を高額買取する
業者を
お探しの方は会宝産業へ

石川県の車買取・査定専門店 会宝産業株式会社は、お客様の大切なお車を、相場価格よりも高く買取らせていただきます!10年以上/10万km以上走ったお車も高額査定&買取!「簡単査定フォーム」の入力時間は、約90秒!おおよその見積価格を今すぐ知りたい方におすすめです。石川県内にお住いの皆様からの車買取・査定依頼、お待ちしています。

車買取直通電話番号 0120-814-821
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp
車輌お引き取り所 周辺マップ

会宝産業株式会社
〒920-0209 
石川県金沢市東蚊爪町1-21-2

Google map

車買取直通電話番号 0120-814-821(直通)
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp

【受付時間】
(平日)8:45-17:30 
(土)8:45-17:00
※日曜日、祝日はお休みをいただいております。

会宝産業株式会社 
本社/〒920-0209 石川県金沢市東蚊爪町1-25
TEL. 0120-81-4821
[受付時間](平日)8:45-17:30 (土日)8:45-17:00
© KAIHO INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.