公開日:2021.9.17 
最終更新日:

車種×買取ストーリー

ビスタ SV30/SV40/SV50、本当はすごい希少車種だった ~高額査定をたたき出すクルマ買取ストーリー~

 

もう古いから大した価値はないだろう・・・故障が多くて売れないだろう・・・他社で査定0円と言われた・・・廃車にするには手数料がかかると言われた・・・。手放したい車があるけれど、このような理由からなかなか実行に移せない。そんなお悩みはありませんか?

 

そんな方にお伝えしたいことがあります。実は、あなたのクルマにはあなたの知らない驚きの価値があるがあるかもしれません。

 

ここでは、絶対に売れないと思っていたクルマをお得に売る方法をご紹介します。世界に1台しかないあなたの大切な愛車は、私たち会宝産業におまかせください。なぜ高価買取ができるのか、その秘密もお伝えします。

 

今回は、ビスタ SV30/SV40/SV50について、その魅力と買取ストーリーをご紹介します。愛車の隠れた価値を知る第一歩として、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

ビスタ SV30/SV40/SV50とは?

 

ビスタSV30

※画像は、「トヨタ企業サイト | トヨタ自動車75年史 | 車両系統図 | 車両詳細情報」より引用

 

1982年、カムリ(2代目)の姉妹車として登場し、盛大に販売されたビスタは、地道なモデルチェンジを繰り返し、徐々に人気を博し、2003年まで生産されていた乗用車です。2003年に生産を終了しているため、段々と見かける機会が少なくなってきた車種ではないでしょうか。

 

今回は特に、3代目、4代目、5代目のビスタについてご紹介します。

 

 

3代目 ビスタ SV30

1990年7月発売。バブル期に開発されたモデルなので、内外装の品質・耐久性・装備の充実度など、すべてにおいて歴代最高のクオリティと高級さを持っているのが最大の特徴です。キャッチコピーは「時代は「快」へ。DRIVING AMENITY」。

 

 

4代目 ビスタ SV40

1994年7月に登場。バブルの崩壊後だったため、3代目の優雅さに比べ実用とコスト本位の設計となりました。その代わりに、ホイールベースを50ミリ延長させ、室内空間はさらに広くなりました。

 

 

5代目 ビスタ SV50

1998年7月、フルモデルチェンジで登場した5代目は、ステーションワゴン「ビスタ アルデオ」が追加されました。全高を1,500mm台とし、ミニバン市場を意識したつくりで販売されました。

 

 

 

ビスタ SV30/SV40/SV50、高額買取の秘密

 

まず、中古自動車部品の世界市場の話からしましょう。日本の自動車中古部品は、他の国のものに比べて高値で取引されています。これは、海外のお客様からみて、日本の廃車の状態が比較的よいためです。どういうことでしょうか。

 

日本の交通インフラがよい

日本の道路はどれも整地されたキレイな路面が多く、走っていても快適ですよね。海外に多い、整地されていないデコボコ道を走る場合と比べて、自動車部品が痛みにくいのです。

 

 

メンテナンスが行き届いている

日本には、定期的に受けなければならない車検制度があります。その他にも、定期メンテナンスがしっかりされていることが多いです。こうして、知らず知らずのうちに自動車の寿命を伸ばすことに貢献しているのです。

 

 

一定期間で車を乗り換えるユーザーが多い

日本では、一定年数を経過した車に対する重量税の値上げ等が法律によって定められています。そのため、一定期間で車の乗り換えがされるのが一般的です。自動車ユーザーの中には、増税を機に「まだまだ走れるけど、そろそろ乗り換える」という決断をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

これらが結果として、日本の上質な中古自動車部品を生み、世界各国から求められる部品となっています。日本の廃車が、世界中の中古自動車部品マーケットを陰ながら支えているのです。

 

 

つぎに、ビスタ SV30/SV40/SV50ならではの高価買取の秘密をみてみましょう。

 

ロシアからの需要

特に、ロシアで人気のあるビスタ。当社でも、ロシアのお客様からよくお問い合わせをいただきます。しかし、2003年に生産を終了したビスタの国内保有台数は決して多くなく、当社でもなかなか仕入れることが難しい車種です。そういった背景から、ビスタは希少であり、高価買取が期待できる車種なのです。

 

 

 

ビスタ SV30/SV40/SV50、なぜそんなに人気なの?

 

それでは、ビスタ SV30/SV40/SV50の人気の秘密をみてみましょう。

 

需要のあるエンジン

海外では、エンジンが故障しても、エンジンを何度でも載せ替えて修理することが多いです。そのため、世界からビスタ SV30/SV40/SV50のエンジンが求められています。

 

 

ロシアでも大人気

国内で徐々に人気を得たビスタですが、発売からしばらくは、販売台数より生産台数が上回っていました。そこで、販売先を日本だけではなく海外へ向けました。その中でも、特に多くのビスタが輸出されたのがロシアです。不動の人気を誇るトヨタ車であること、1,800CC、2,000CCといった排気量が大きめのセダンであること、以上の2点からビスタはロシアで需要があり、人気を得ることとなりました。

 

 

 

ビスタ SV30/SV40/SV50、生産加工され世界中へお届けします!

ビスタのエンジン

販売先国は、主にロシアです。

 

 

 

ビスタ SV30/SV40/SV50、ウソのようなホントの買取保証額はこちら!

 

それでは、お待ちかねの現在の買取保証額をご紹介します。

 

買取保証額(2021年9月) 70,000円
車種名 ビスタ
車両型式 SV40
年式 1998年式

 

たとえ外装や車内のインテリアに損傷があっても、エンジンと足回りに大きな不備がなければ、買取価格が大きく下がることはありません。

 

※各種素材の相場価格等により、買取価格は常に変動します。気になる方はぜひ一度お問い合わせください。

 

 

 

日本全国からクルマを買取っています!

いかがでしょうか。ビスタ SV30/SV40/SV50の価値の高さを再発見いただけましたでしょうか。

私たちはあなたの愛車をただ買取るだけでなく、適切なリサイクル・リユース・再資源化により、モノを作りっぱなし、売りっぱなしにする社会から資源循環社会に向けて「あとしまつの責任」を果たすために挑戦し続けています。

 

愛車を想うあなたの気持ちも乗せて、あなたの愛車が海外で新しい人生を送るお手伝いができればと思います。査定額で決して後悔はさせません。ぜひ一度お問い合わせください。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

※私たちは日本全国のお客様からクルマを買取っています。国内ならどこからでもお問い合わせいただけます。

 

 

得するコラム一覧に戻る

 

石川県で車買取・見積査定なら会宝産業株式会社

相場より高額買取できる自信あり!

愛車を相場よりも高く売りたい、面倒な手続きをなくして簡単に買取を依頼したいとお考えでしたら、石川の会宝産業株式会社へお任せください。会宝産業株式会社は車のほとんどの部品を再利用するため、中古車や事故車、過走行車をはじめどんな車でも買取可能です。もちろん、査定・見積り・ご相談は無料です。金沢市近郊であれば無料で引き取りにお伺いいたしますので、処分に困った車をお持ちでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県金沢市の車買取専門店 会宝産業株式会社は、国内での販売だけでなく海外への輸出も行っているため、中古車でも相場以上の買取価格が期待できます!石川県内で「車を相場よりも高く売りたい!」とお考えの方は、ぜひ会宝産業株式会社に買取・査定をご依頼ください!お車の査定は無料で承っております。

買取・査定のご依頼はこちら

関連コラム

この記事を見た人はこんな記事にも興味を持っています

得する人気コラム

多く閲覧されている人気の記事はこちら

会宝産業について

車の買取ならお任せください!

石川で中古車を高額買取する
業者を
お探しの方は会宝産業へ

石川県の車買取・査定専門店 会宝産業株式会社は、お客様の大切なお車を、相場価格よりも高く買取らせていただきます!10年以上/10万km以上走ったお車も高額査定&買取!「簡単査定フォーム」の入力時間は、約90秒!おおよその見積価格を今すぐ知りたい方におすすめです。石川県内にお住いの皆様からの車買取・査定依頼、お待ちしています。

車買取直通電話番号 0120-814-821
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp
車輌お引き取り所 周辺マップ

会宝産業株式会社
〒920-0209 
石川県金沢市東蚊爪町1-21-2

Google map

車買取直通電話番号 0120-814-821(直通)
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp

【受付時間】
(平日)8:45-17:30 
(土)8:45-17:00
※日曜日、祝日はお休みをいただいております。

会宝産業株式会社 
本社/〒920-0209 石川県金沢市東蚊爪町1-25
TEL. 0120-81-4821
[受付時間](平日)8:45-17:30 (土日)8:45-17:00
© KAIHO INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.