公開日:
車の手続きをラクにする

愛車を売るなら中古車?廃車? ~今度こそ、車の売り方でもう迷わない~

 

愛車が古くなった時、新しい車に買い替える時、車が必要なくなった時。私たちは、さまざまなシーンで今乗っている愛車をどのように手放すかを考える機会があります。愛車を中古車として売るのがよいのか、もしくは廃車にするのがよいのか、どちらがよいかわからなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、廃車と中古車の違い、どちらがよりお得に車を手放すことができるのかをご紹介します。どちらが自分に合っているのかを知って、車を手放すときの参考にしてください。

 

 

廃車とは

新車登録から10年以上経った、10万キロ以上走った、事故にあった、故障した、車検が切れてそのまま、災害に合った等、車の処分を検討するシーンはさまざまです。

その際に、車のナンバープレートをはずして公道を走ることができなくなるようにする手続きを一般的に「廃車」といいます。

「車を廃車にする」とはよく聞く言い回しではありますが、正しくは「廃車」ではなく「抹消登録」です。これは、自動車の登録情報を削除するということです。さらに、この抹消登録は法的には2種類に分けられます。「一時抹消登録」か「永久抹消登録」です。両者は同じ抹消登録ですが、その目的や内容はまったく違います。詳しくみていきましょう。

KAIHOくん-疑問解決

 

 

永久抹消登録

文字通り、その車を永久的に使えないようにする手続きのことです。運輸局の自動車登録ファイルからその車の情報が完全に抹消されてしまいます。永久抹消登録をするには、車両解体が完了していることが条件です。解体する予定等では登録することができません。

 

永久抹消登録をした車は、その名の通り永久的に日本国内の公道を走ることはできません。車を倉庫や展示品として再利用する場合(もちろん公道は走れませんが)、永久抹消登録が必要です。

 

軽自動車については、軽自動車検査協会にて「解体届」を提出する必要があります。

 

 

一時抹消登録

自動車の使用を一時的に止めることです。出張や留学など、長期にわたって自動車を運転あるいは使用しないケースでは一時抹消登録をおこなうとよいでしょう。

登録をすると、自動車として公道を走ることができない点は永久抹消登録と同様ですが、再登録をおこなうことで車を再度使用することができるのです。

 

 

 

中古車とは

「中古車」とは、メーカーで生産された後、一度でもだれかに所有された自動車を指します。たとえ走行距離が数kmでも、新車同様にピカピカでも、一度所有されたものは中古車です。中古車は、一般的にカーディーラー、中古車専門販売店、レンタカー会社、リース会社、オークション、または個人間で売買されています。

車を廃車として手放す場合の手続きでは、抹消登録をする必要がありました。中古車として手放す場合の手続きはどうでしょうか。

自動車の登録情報を削除する必要はありません。代わりに、名義の変更をすることになります。

たとえば、Aさんが自分の車を中古車として売る場合。名義をAさんからBさん(主に中古車買取店など)に変更する手続きをします。

KAIHOくん-疑問解決

 

 

ここまでのまとめ。

「廃車として手放す場合のメイン手続きは抹消登録」

「中古車として手放す場合のメイン手続きは名義変更」

 

 

 

廃車として手放す方法

 

愛車を廃車として手放すには、どうしたらよいのでしょうか。いくつかの方法をみてみましょう。

 

 

ディーラーや中古車販売店に下取りに出す

次の車を購入するときに、下取りに出す方法があります。次の車を購入する手続きと廃車手続きが一度で済むので、面倒が少なく便利です。しかし、あくまでも次の車を購入することが前提です。

また一般的に、ディーラーや中古車販売店には、車を解体する設備や技術がありません。つまり、ディーラーや中古車販売店は、廃車買取専門業者との中間役に入るだけです。知らず知らずのうちに、廃車にするための中間マージンを差し引かれるリスクがあります。

 

 

廃車買取専門業者に売る

廃車買取専門業者は、買取った廃車を解体しリサイクルする業者です。廃車にかかわる手続きは業者が代行してくれることがほとんどなので手間がかかりません。さらに、廃車買取専門業者に売れば、間に入る業者はないので中間マージンの心配もありません。どんな車でも必ず査定金額がつくのも魅力です。

さらに、再利用の需要が高い車種なら高額査定がつく可能性が高いです。廃車として手放すなら、廃車買取専門業者に直接売るのはおすすめです。

 

 

 

中古車として手放す方法

 

つぎに、愛車を中古車として手放す方法をみてみましょう。

 

ディーラーに下取りに出す

次の車を購入するときに、下取りに出す方法があります。新車を購入する手続きと中古車を手放す手続きが一度で済むので、面倒が少なく便利です。しかし、あくまでも次の車を購入することが前提です。また、新車を販売することがメインのディーラーでは、下取り金額はその車の最高値ではない可能性が高いことに注意が必要です。

 

 

中古車買取業者に売る

中古車買取業者は買取りに力を入れているので、ディーラーでの下取り価格よりも高い可能性があります。しかし、注意したい点は、古い車は買取ってもらえない可能性があるということです。日本国内で次に販売できる見込みがない車の場合は買取金額がつかないためです。

また、より高い査定額をつけてくれたところに売ろうと思えば、相見積もりは必須です。何件も問い合わせをする必要があります。

 

 

個人売買で売る

最近では、インターネットを通してさまざまなものが個人売買されています。中古車も例外ではありません。間に業者がいない分、自分の言い値で買ってもらうことができた場合、一番高く売ることができるかもしれません。

しかし、他の方法に比べると、個人売買はトラブルが起こるリスクが高いです。代金の未納、車の引き渡し時期の相違、車の不備などの起こり得るトラブルに注意しなければなりません。

 

 

 

廃車と中古車、結局どっちにするのがいい?

いろいろな車

 

いかがでしたでしょうか。ここまでみてきて、愛車を廃車として手放すのか、中古車として手放すのか、結局どちらがよいのか迷ってしまった。そんな方のために、選ぶポイントをおさらいしましょう。

 

めんどうがイヤなら、廃車としても中古車としても下取りに出すのはおすすめ

次の車を購入する手続きと、車を手放す手続きが一度で済むのでめんどうが少ないです。

 

 

比較的新しい車は、中古車として中古車買取業者に売るのはおすすめ

中古車買取に力を入れているので、下取りよりも高額査定がつく可能性が高いです。

 

 

古い車は、廃車として廃車買取専門業者に売るのはおすすめ

どんな車でも必ず査定金額がつき、下取りに出した場合等に発生する中間マージンが無い分高額査定になるケースが多いです。

 

 

それでも迷ったら会宝産業に売るのがおすすめ

実は、会宝産業は中古車買取業者でもあり廃車買取専門業者でもあります。ふたつの業者のよい特性をあわせ持つので、どちらにせよ高額査定が期待できます。中古車として手放すのか、廃車として手放すのか、迷ったらぜひ一度お問い合わせください。

 

電話 0120-814-821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

 

 

どんな車でも適正価格になる会宝産業の秘密

最後に、どんな車でも適正価格で買取る会宝産業の秘密にせまります。

私たちは、中古車はもちろんのこと、動かなくなった、車検が切れた、廃車にしたい、事故を起こした、放置したままの車、さらにバス、トラック、フォークリフト、重機、農機など、どんな車でも査定し適正価格で買取ります。車本体の査定だけでなく部品も一つ残らず査定して買取りますので、まさに適正金額で売ることができます。

なぜ、そんなことができるのか。その秘密がこちらです。

KAIHOくん-疑問解決

 

 

海外からの需要&人気があるから

会宝産業は世界約90カ国との取引があり、様々な中古自動車の部品や車両を輸出しています。日本では乗られなくなった車でも海外での需要があります。古い車でも思っていた以上の買取金額がつくのはこのためです。会宝産業では海外向けに中古トラックのネットオークションも開催しています。だから、乗用車からトラック、建機等、幅広く取り扱いができるのです。

 

 

自社工場で車を処理しているから

自社工場で車を正しく解体し、使える部品は徹底的に再利用をしています。海外では古い車の部品の需要が多いですが、国内では比較的新しい車の部品の需要が多くあります。私たちは海外向けだけでなく国内向けにも中古部品を販売しているので新しい車でも古い車でも、どんな車でも必ず需要があることを知っています。

国内向けと海外向け、色々な視点から車の査定ができるのが会宝産業の魅力です。

 

 

自動車リサイクルのパイオニアだから

私たちは創業から52年、ひたむきに自動車リサイクルと向き合ってきました。中古自動車部品として利用されない部分は細かく素材別(鉄・銅・アルミ・鉛・レアアース等)にすることで車として乗られなくなった廃車を極限まで再利用し利用価値を高めています。

こうすることで、モノを作りっぱなし、売りっぱなしにするのではなく、循環させる「あとしまつの責任」を全うしたいと考えています。

 

 

いかがでしたでしょうか。中古車として手放すのか、廃車として手放すのか、迷ったらぜひ一度会宝産業にお問合せ下さい。

 

電話 0120-814-821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

 

 

おまけ。買取ひとくちメモ

 

エンジンのかからない車は売れる?

エンジンがかからない理由がバッテリー上がりであれば、つなげばすぐにかかるので買取できます。

故障や点火系に問題がある場合でも、素材として鉄の値段が付くので、エンジンのかからない車でも買取できます。

 

 

車検切れの車でも売れる?

はい、廃車として買取できます。車検の期限が切れてしまうと公道を走れませんが、レッカーで引き取りにうかがいますのでご安心ください。

 

 

 

得するコラム一覧に戻る

 

 

 

 

 

石川県で車買取・見積査定なら会宝産業株式会社

相場より高額買取できる自信あり!

愛車を相場よりも高く売りたい、面倒な手続きをなくして簡単に買取を依頼したいとお考えでしたら、石川の会宝産業株式会社へお任せください。会宝産業株式会社は車のほとんどの部品を再利用するため、中古車や事故車、過走行車をはじめどんな車でも買取可能です。もちろん、査定・見積り・ご相談は無料です。金沢市近郊であれば無料で引き取りにお伺いいたしますので、処分に困った車をお持ちでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県金沢市の車買取専門店 会宝産業株式会社は、国内での販売だけでなく海外への輸出も行っているため、中古車でも相場以上の買取価格が期待できます!石川県内で「車を相場よりも高く売りたい!」とお考えの方は、ぜひ会宝産業株式会社に買取・査定をご依頼ください!お車の査定は無料で承っております。

買取・査定のご依頼はこちら

関連コラム

この記事を見た人はこんな記事にも興味を持っています

得する人気コラム

多く閲覧されている人気の記事はこちら

会宝産業について

車の買取ならお任せください!

石川で中古車を高額買取する
業者を
お探しの方は会宝産業へ

石川県の車買取・査定専門店 会宝産業株式会社は、お客様の大切なお車を、相場価格よりも高く買取らせていただきます!10年以上/10万km以上走ったお車も高額査定&買取!「簡単査定フォーム」の入力時間は、約90秒!おおよその見積価格を今すぐ知りたい方におすすめです。石川県内にお住いの皆様からの車買取・査定依頼、お待ちしています。

車買取直通電話番号 0120-814-821
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp
車輌お引き取り所 周辺マップ

会宝産業株式会社
〒920-0209 
石川県金沢市東蚊爪町1-21-2

Google map

車買取直通電話番号 0120-814-821(直通)
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp

【受付時間】
(平日)8:45-17:30 
(土)8:45-17:00
※日曜日、祝日はお休みをいただいております。

会宝産業株式会社 
本社/〒920-0209 石川県金沢市東蚊爪町1-25
TEL. 0120-81-4821
[受付時間](平日)8:45-17:30 (土日)8:45-17:00
© KAIHO INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.