公開日:
車で損しないお金の話

車の価値の下がり方。年数、走行距離、事故、キズ等、価値を決めるポイントを一挙ご紹介

 

車を売るとき、自分の車にはどんな価値があるのか、気になることはありませんか?車の価値は、年式や走行距離、車の状態によって大きく異なります。車の査定依頼をする前の心の準備として、今回は車の価値を決めるポイントをご紹介します。

 

 

 

クルマの価値との関係①車の年式と走行距離

 

「年式」重要度★★★

車の査定依頼をしたことがある方は、そのときに年式や走行距離について、査定・買取業者から確認されたことがあるのではないでしょうか。

 

車の年式は、車検証の初度登録年月という欄に記載があります。車種によっては、年式とは関係なく人気の車もありますが、基本的には、この年式が古くなるにつれ、車の価値は下がります。

 

新車登録からの「経過年数」と、下がる「査定額」には、明確な基準はありません。しかし、車の価値は1年たつごとに確実に下がってしまいます。

 

新車を買うときの下取り等で、年式が古いため査定が付かず、買取金額が0円となってしまうことがあるかもしれません。その場合は、下取りではなく、他の車買取業者で査定をしてみると買取金額が付き、査定0円を回避できる可能性があります。

 

 

「走行距離」重要度★★☆

走行距離

走行距離も車の価値に大きく関わってきます。基本的には、走行距離が少ないもののほうが人気は高く、車としての価値があります。しかし、あまりにも乗っていない車や放置されていた車の場合、たとえ走行距離が少なくても、車としての調子が悪いものがあるかもしれません。プロの査定士は、査定の際にこのような車をしっかり見抜くので、走行距離が少ないイコール価値が高いと一概にはいえません。

 

また、走行距離が10万キロ以上のような、走行距離の多い車に価値がないのかというと、そうでもありません。海外では、日本車が人気ということをご存じでしょうか?特に、人気の車種であれば走行距離は気にされない場合が多く、車の調子が良ければ期待以上の査定がつくかもしれません。このような場合は、中古車や中古自動車部品を海外へ輸出している買取業者に依頼をしたほうがお得といえるでしょう。

 

 

 

クルマの価値との関係②事故やキズ

 

「事故車」重要度★★☆

前事故車

事故車の場合は、車としての価値はどうなるのでしょうか。事故の程度にもよりますが、一般的に事故車は、車としての価値が大きく下がってしまいます。きちんと修理したとしても、事故歴のある車という事実は変わらないので、車としての価値はどうしても下がることになります。

 

しかし、事故で損傷した部分を修理しないと売れないというわけではありません。事故車を買取ってくれる業者もあります。事故をきっかけに車を手放す場合は、そのような買取業者に依頼することで、査定0円を回避できる可能性があります。

 

 

「キズ」重要度★☆☆

車のキズ

車が外を走っている以上、キズは必ずあるものです。もちろん、キレイな車のほうが車としての価値があります。

 

車のキズについて詳しく知りたい方は、こちらのコラムをご覧ください。

クルマの価値が上がる?!将来査定が有利になるメンテナンス ~キズ編~

 

 

では、事故で大きな損傷がある車やキズが多い車は、車としての価値は0なのでしょうか。もちろん、そうでもありません。海外では、1台の車を長く大切に乗ることが主流の国が多くあります。それこそ2030万キロ、2030年乗る、なんてこともあるのです。そのため、途中で何度も修理や部品の交換が必要になります。日本では信じられないかもしれませんが、エンジンだって何度でも載せ替えます。そこで、日本の中古自動車部品の出番となるわけです。

 

外装がキレイな部分は外装部品として、内装がきれいな部分は内装部品として、それぞれ再利用できたり、エンジンやサスペンション等、無事な部品も再利用できたりと、事故歴やキズのある車でも部品としての価値があります。このように、部品としての査定額に期待が持てる場合があります。

 

事故歴やキズのある車の場合も、海外への輸出販路がある買取業者に売ることが、高額買取への近道といえるかもしれません。

 

 

 

会宝産業の車買取り

全世界90か国ネットワーク

車の価値を決めるポイントには、さまざまなものがありましたね。それらをふまえて、車を売るなら、自分の車の価値を適正に査定してくれる買取業者に売りたいと、誰もが思うのではないでしょうか。

 

ここからは会宝産業の車買取りの魅力をご紹介します。

 

 

新しい車も古い車も、走行距離が少ない車も多い車もOK!

会宝産業といえば廃車のイメージがあるかもしれませんが、中古車としての買取りもおこなっています。まだまだ乗れる新しい車でも適正価格で買取りができます。

 

国内での人気がなくなってしまった、年式が古い、または走行距離が多い車は、約90か国の海外への輸出ネットワークを生かして買取査定をしているので、愛車に思った以上の価格がつくこともあるかもしれません。

 

 

ひどい事故やキズがあってもOK!

自社工場で車を正しく解体し、使える部品は徹底的に再利用をしています。海外では古い車の部品の需要が多いですが、国内では比較的新しい車の部品の需要が多くあります。

 

私たちは、海外向けだけでなく国内向けにも中古自動車部品を販売しているので、どんな車でも必ず需要先があることを知っています。まだまだ使える部品をしっかりと見極めて査定することができるのです。

 

自走ができない場合でも、引き取りに行くこともできるので、安心です。

 

 

国内向けと海外向け、さまざまな視点から車の査定ができるのが会宝産業の魅力です。他社で査定がつかなくてあきらめていた方、愛車の価値を知りたい方、お気軽にお問い合わせください。一度お問い合わせいただくだけでも大歓迎です。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

 

 

まとめ

会宝産業車買取店舗

いかがでしたでしょうか。車の価値を決めるポイントには、さまざまなものがありましたね。年式、走行距離、事故歴、キズ、重要ポイントをもとに愛車の状態を確認する際の参考にしてみてください。

 

そして、実際に愛車を査定に出してみて、思ったほどの査定額にならずガッカリしたときは、ぜひ一度会宝産業にご連絡ください。どんな車でも必ず価値があります。その価値を適正に査定いたします。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

問い合わせフォームはこちら

 

※私たちは、日本全国のお客様からクルマを買取っています。国内ならどこからでもお問い合わせいただけます。

 

 

得するコラム一覧に戻る

石川県で車買取・見積査定なら会宝産業株式会社

相場より高額買取できる自信あり!

愛車を相場よりも高く売りたい、面倒な手続きをなくして簡単に買取を依頼したいとお考えでしたら、石川の会宝産業株式会社へお任せください。会宝産業株式会社は車のほとんどの部品を再利用するため、中古車や事故車、過走行車をはじめどんな車でも買取可能です。もちろん、査定・見積り・ご相談は無料です。金沢市近郊であれば無料で引き取りにお伺いいたしますので、処分に困った車をお持ちでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県金沢市の車買取専門店 会宝産業株式会社は、国内での販売だけでなく海外への輸出も行っているため、中古車でも相場以上の買取価格が期待できます!石川県内で「車を相場よりも高く売りたい!」とお考えの方は、ぜひ会宝産業株式会社に買取・査定をご依頼ください!お車の査定は無料で承っております。

買取・査定のご依頼はこちら

関連コラム

この記事を見た人はこんな記事にも興味を持っています

得する人気コラム

多く閲覧されている人気の記事はこちら

会宝産業について

車の買取ならお任せください!

石川で中古車を高額買取する
業者を
お探しの方は会宝産業へ

石川県の車買取・査定専門店 会宝産業株式会社は、お客様の大切なお車を、相場価格よりも高く買取らせていただきます!10年以上/10万km以上走ったお車も高額査定&買取!「簡単査定フォーム」の入力時間は、約90秒!おおよその見積価格を今すぐ知りたい方におすすめです。石川県内にお住いの皆様からの車買取・査定依頼、お待ちしています。

車買取直通電話番号 0120-814-821
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp
車輌お引き取り所 周辺マップ

会宝産業株式会社
〒920-0209 
石川県金沢市東蚊爪町1-21-2

Google map

車買取直通電話番号 0120-814-821(直通)
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp

【受付時間】
(平日)8:45-17:30 
(土)8:45-17:00
※日曜日、祝日はお休みをいただいております。

会宝産業株式会社 
本社/〒920-0209 石川県金沢市東蚊爪町1-25
TEL. 0120-81-4821
[受付時間](平日)8:45-17:30 (土日)8:45-17:00
© KAIHO INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.