最終更新日:
車種×買取ストーリー

  • SHARE
  • facebook
  • twitter
  • line

CIVIC(シビック) ES1/3、現在の買取保証額&買取相場! ~高額査定も夢じゃない希少車種、シビックES1/3の魅力ガイド~

 

もう古いから大した価値はないだろう・・・故障が多くて売れないだろう・・・他社で査定0円と言われた・・・廃車にするには手数料がかかると言われた・・・古い車の処分に困っている・・・。手放したい車があるけれど、このような理由からなかなか実行に移せない。そんなお悩みはありませんか?

 

そんな方にお伝えしたいことがあります。実は、あなたのクルマにはあなたの知らない驚きの価値があるがあるかもしれません。

 

ここでは、絶対に売れないと思っていたクルマをお得に売る方法をご紹介します。世界に1台しかないあなたの大切な愛車は、適正に査定されるべきです。高価買取の秘密を知って、お得に売りましょう。

 

今回は、CIVIC(シビック) ES1/3について、その魅力と買取相場(現在の買取保証額)をたっぷりご紹介します。処分を考える前に、愛車の隠れた価値を知る第一歩として、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

シビック ES1/3とは?

シビックES1

 

「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」というM・M(マン・マキシマム、メカ・ミニマム)思想を進化させ、「スマートコンパクト」をコンセプトに開発されたのが、3代目(シリーズ通算7代目)シビックフェリオLA-ES1型です。

 

カーオブザイヤー受賞の実績もあるこのES1型は、全エンジンに「優-低排出ガス」を認定。初代、2代目共に、スポーツセダンを前面に押し出していたのとは異なり、レーシングベースモデルから一転、おとなしい印象を合わせ持ったデザインが人気となりました。

 

LA-ES1型は、ボディサイズが全長4,435mm×全幅1,695mm×全高1,440mm。排気量は1,493ccであることから、1.5リットルクラス(1,500cc、自動車税は2.0L以下を適用)に属しています。エンジンを車体の前方に搭載し、前輪のみを駆動する、いわゆるFF方式(フロントエンジン/フロントドライブ)を採用しています。この方式は、エンジンと駆動系(ミッション、デフ等)の収納がエンジンルーム内で完結するので、軽量コンパクトかつ低コスト化が実現でき、室内を広く作りやすいほか、後輪駆動車に比べて直進安定性に優れることが、主な特長です。

 

一方、LA-ES3型は、ボディサイズはLA-ES1型と同じですが、排気量は1,668ccであることから、大雑把に分類すると1.7リットルクラス(1,700cc、自動車税は2.0L以下を適用)に属しています。LA-ES1とLA-ES3、エンジンの大きさは違ってもどちらも5ナンバークラスの車です。

 

外観がシンプルゆえに飽きの来ないデザインで、走行の安定性や乗り心地も悪くなく、日本のみならず海外でも人気の車種となりました。

 

 

 

シビック ES1/3、ウソのようなホントの買取保証額をチェック!

 

それでは、さっそく現在の買取保証額をご紹介します。

 

買取保証額(2022年4月) 100,000円
車種名 シビック
車両型式 ES3
年式 2005年式

 

約17年前のモデルでも需要があります!

下取りに出そうにも、価格がつかないと言われた・・・廃車にするには手数料がかかると言われた・・・車を処分したいだけなのに、どうすればよいかわからない・・・。このようなお悩みをお持ちでも、あきらめるのはまだ早いです。

 

たとえ外装や車内のインテリアに損傷があっても、エンジンと足回りに大きな不備がなければ、買取価格が大きく下がることはありません。

 

※各種素材の相場価格等により、買取価格は常に変動します。また、お車のモデルや状態、車検の残期間等によっても買取価格に変動があります。気になる方はぜひ一度お問い合わせください。一度お問い合わせいただくだけでも大歓迎です。

(お手元に車検証をご準備の上、お問い合わせいただくとスムーズ、かつ、より正確な査定額をご提示できます。)

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

※私たちは日本全国のお客様からクルマを買取っています。国内ならどこからでもお問い合わせいただけます。

 

 

 

シビック ES1/3、高額買取の秘密

日本の道路

では、なぜシビック ES1/3が高額買取の対象車なのでしょうか。その秘密を見てみましょう。

 

まず、中古自動車部品の世界市場の話からしましょう。日本の自動車中古部品は、他の国のものに比べて高値で取引されています。これは、海外のお客様からみて、日本の廃車の状態が比較的よいためです。どういうことでしょうか。

 

日本の交通インフラがよい

日本の道路はどれも整地されたキレイな路面が多く、走っていても快適ですよね。海外に多い、整地されていないデコボコ道を走る場合と比べて、自動車部品が痛みにくいのです。

 

 

メンテナンスが行き届いている

日本には、定期的に受けなければならない車検制度があります。その他にも、定期メンテナンスがしっかりされていることが多いです。こうして、知らず知らずのうちに自動車の寿命を伸ばすことに貢献しているのです。

 

 

一定期間で車を乗り換えるユーザーが多い

日本では、一定年数を経過した車に対する重量税の値上げ等が法律によって定められています。そのため、一定期間で車の乗り換えがされるのが一般的です。自動車ユーザーの中には、増税を機に「まだまだ走れるけど、そろそろ乗り換える」という決断をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

これらが結果として、日本の上質な中古自動車部品を生み、世界各国から求められる部品となっています。日本の廃車が、世界中の中古自動車部品マーケットを陰ながら支えているのです。

 

 

つぎに、シビック ES1/3ならではの高価買取の秘密をみてみましょう。

 

生産終了故に希少車種

2005年に生産終了となった今でも、中古車市場のみならず、エンジンやボディパーツなど、すべてにおいて人気が高いといえます。またD15B、D17Aどちらも人気のエンジンです。会宝産業の取引先でもある、ロシア、トリニダード・トバゴ、アメリカなど、世界各地からのオーダーがあります。

 

20年前の車でもまだまだ現役

「20年も前の車に、まだ買い手がいるの?」と思われるかもしれませんが、日本車のパーツはどれも需要が高く、状態が良くきれいなものであれば、驚くような高値で売れることもあります。

 

会宝産業では、たとえ廃車や事故車として仕入れた車でも、まだまだ使用できるパーツは、ひとつひとつ丁寧に取り外し、海外へ届けます。

 

 

 

シビック ES1/3、なぜそんなに人気なの?

シビックES1のエンジンルーム

つぎに、シビック ES1/3の人気の秘密をみてみましょう。

 

シビックES型、実はアメリカで大ヒット!

シビック(ES型)は、実はアメリカで大ヒットしたシリーズなのです。「外車は左ハンドル」というように、海外では左ハンドルの方が多いです。しかし、日本で製造、販売された車両は右ハンドルですよね。

 

実は、海外では、法律により右ハンドル車が走れない国も多いのです。その点、アメリカで生産されたシビックは左ハンドルなので、そのまま第三国へ輸出されれば中古自動車部品の需要も高まります。

 

このように、グローバル展開されている車種の場合、たとえ日本ではあまり見かけなくなったとしても、海外では、まだまだたくさん走っていることも多いのです。

 

当然、中古自動車部品の需要も高く、会宝産業でも、世界中のお客様から注文をいただきます。

 

日本の中古車相場は、年式と走行距離、人気で価格が決まりますが、会宝産業の査定は、世界中の需要に比例して高く買い取ることが可能なのです。

 

 

 

シビック ES1/3、生産加工され世界中へお届けします!

 

 

販売先国は、ロシア、トリニダード・トバゴ、アメリカなど多岐にわたります。

 

 

 

日本全国からクルマを買取っています!

いかがでしたでしょうか。シビック ES1/3の価値の高さを再発見いただけましたでしょうか。古いというだけで処分するには、もったいない魅力がたっぷりでしたね。

 

私たちはあなたの愛車をただ買取るだけでなく、適切なリサイクル・リユース・再資源化により、モノを作りっぱなし、売りっぱなしにする社会から資源循環社会に向けて「あとしまつの責任」を果たすために挑戦し続けています。

 

愛車を想うあなたの気持ちも乗せて、あなたの愛車が海外で新しい人生を送るお手伝いができればと思います。査定額で決して後悔はさせません。ぜひ一度お問い合わせください。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

※私たちは日本全国のお客様からクルマを買取っています。国内ならどこからでもお問い合わせいただけます。

 

 

得するコラム一覧に戻る

 

これまでの買取実績をチェック!

必ず売れます、
あなたのクルマ。

他店で査定0円も!30年以上前の車も!走行20万km以上の車も!事故車も!長期放置車も!農機も重機も、ぜ~んぶ買取ります!

車の買取実績はこちら

関連コラム

この記事を見た人はこんな記事にも興味を持っています

得する人気コラム

多く閲覧されている人気の記事はこちら

ブルーバードシルフィ FG10/QG10、現在の買取保証額&買取相場! ~高額査定も夢じゃない希少車種、ブルーバードシルフィの魅力ガイド~

最終更新日:2022.3.17
車種×買取ストーリー

ブルーバードシルフィ FG10/QG10、現在の買取保証額&…

エクストレイル T30型/T31型、現在の買取保証額&買取相場! ~高額査定も夢じゃない希少車種、エクストレイルの魅力ガイド~

最終更新日:2022.4.19
車種×買取ストーリー

エクストレイル T30型/T31型、現在の買取保証額&買取相…

ステージア GF-WGNC34/GH-NM35、現在の買取保証額&買取相場! ~高額査定も夢じゃない希少車種、ステージアの魅力ガイド~

最終更新日:2022.4.19
車種×買取ストーリー

ステージア GF-WGNC34/GH-NM35、現在の買取保…

クルマの価値が上がる?!将来査定が有利になるメンテナンス ~ホイール編~

最終更新日:2022.4.20
車の価値を高める方法

クルマの価値が上がる?!将来査定が有利になるメンテナンス ~…

カルタス GA21S、現在の買取保証額&買取相場! ~高額査定も夢じゃない希少車種、カルタス GA21Sの魅力ガイド~

最終更新日:2022.4.19
車種×買取ストーリー

カルタス GA21S、現在の買取保証額&買取相場! ~高額査…

プロボックス NCP51/サクシード NCP51、現在の買取保証額&買取相場! ~高額査定も夢じゃない希少車種、プロボックス&サクシードの魅力ガイド~

最終更新日:2022.3.17
車種×買取ストーリー

プロボックス NCP51/サクシード NCP51、現在の買取…

すべてのコラム

会宝産業について

車の買取ならお任せください!

車を高額買取する
業者を
お探しの方は会宝産業へ

石川県の車買取・査定専門店 会宝産業株式会社は、日本全国からお客様の大切なお車を、相場価格よりも高く買取らせていただきます!10年以上/10万km以上走ったお車も高額査定&買取!「簡単査定フォーム」の入力時間は、約90秒!おおよその見積価格を今すぐ知りたい方におすすめです。国内ならどこからでも車買取・査定依頼、お待ちしています。

車買取直通電話番号 0120-814-821
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp
車輌お引き取り所 周辺マップ

会宝産業株式会社
〒920-0209 
石川県金沢市東蚊爪町1-21-2

Google map

車買取直通電話番号 0120-814-821(直通)
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp

【受付時間】
(平日)8:45-17:30 
(土)8:45-17:00
※日曜日、祝日はお休みをいただいております。

会宝産業株式会社 
本社/〒920-0209 石川県金沢市東蚊爪町1-25
TEL. 0120-81-4821
[受付時間](平日)8:45-17:30 (土)8:45-17:00
© KAIHO INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.