公開日:2021.7.28 
最終更新日:

車の価値を高める方法

クルマの価値が上がる?!将来査定が有利になるメンテナンス ~洗車編~

 

私たちは、なぜ車のメンテナンスをするのでしょうか。突然の故障を防ぐため、新車当時と変わらぬ燃費を保つため、思わぬ事故を防ぐため、長距離走行前の安全チェックのため・・・など、色んな理由がありますよね。

 

快適なカーライフのためには、欠かせないメンテナンス。その代表格といえば、オイル交換、タイヤ交換、洗車、車検などです。ここら辺を押さえておけば、とりあえずは問題ないと思う方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、よく考えてみてください。カー用品店には、車をメンテナンスするための無数の商品がありますよね。いったい何に使うのか、車にあまり興味がない方にはよくわからないものも多々あります。言い換えると、そのぐらい、車のメンテナンス方法は多岐にわたるということです。

 

マニアックかつこだわりのメンテナンスはしないとしても、どうせするなら、愛車が長持ちするコツがわかればいいですよね。さらに、そのコツを押さえれば、愛車の状態が良いまま保たれるので、将来査定が有利になる場合もあります。

 

このシリーズでは、多岐にわたる車のメンテナンスについて、カンタンに取り入れられるものをご紹介します。コツを押さえて賢くメンテナンスして、愛車の寿命を延ばすのもよし、将来の査定に備えるのもよし。ぜひご覧ください。

 

 

 

洗車とは?

プロによる洗車

 

洗車とは、文字どおり、主に自動車の外装を洗浄することです。誰しも一度は洗車経験があるのではないでしょうか。

 

洗車頻度を尋ねる、あるアンケート調査では、全体の約50%のドライバーが「1ヶ月に1回以上」、約25%が「23ヶ月に1回」と回答しています。愛車を大切にするドライバーの多さが表れていますね。

 

 

 

クルマの価値を高める?!洗車の重要性

塗装が傷んだ車

 

なぜ、洗車は重要なメンテナンスのひとつなのでしょうか。実は、車の塗装やプラスチックの大敵は、紫外線です。紫外線による車のボディの劣化として、塗装が剥がれる、色あせが生じるといった症状があります。その対策のひとつとして、自動車生産メーカーの塗装は、20年前に比べて著しい技術の進歩があります。

 

しかし、私たち会宝産業が扱う自動車には、たとえ同じ年式のものでも、新車時となんら遜色ないようなツヤを維持した車もあれば、どうしてこんなに塗装が傷んでいるのだろう、と疑問を持たずにはいられないような車もあります。

 

では、どうしてそのような違いが生まれるのでしょうか。

 

ずばり、洗車を含めたメンテナンスや、自動車の保管方法に違いがあるのです。特に、カーポートや車庫ではなく、屋外に保管されている車は、紫外線ダメージが顕著に表れます。ということは、屋根付きの駐車場に車を保管することができればいいですよね。しかし、残念ながら、それを実現できる方ばかりではないのが現実ではないでしょうか。また、走行中はどうしても紫外線を浴びてしまいます。

 

そこで、洗車や、洗車後のワックスがけ、さらには車のボディを保護するコーティングの出番です。これらのメンテナンスで、愛車を紫外線ダメージから少しでも守りましょう。

 

洗車、ワックス、コーティング、それぞれ多種多様な商品やサービスがあります。たとえば、UVカットワックス、ワックス洗車など、車の輝きを維持する方法はさまざまです。つぎの章から、それらの種類をみていきましょう。

 

 

 

洗車のいろいろ

自分でする洗車

 

洗車をするには、いくつか方法があります。詳しくみていきましょう。

 

 

洗車機での洗車

みなさんご存じ洗車機による洗車です。ガソリンスタンドやコイン洗車場にあるセルフ洗車機を利用します。これが、いちばん手っ取り早いのではないでしょうか。

 

料金 3001,000円程度
所要時間 5分程度

 

ご覧の通り、料金も比較的安く所要時間も短くて済みます。しかし、洗車後の拭き上げがないこと、コーティング剤加工した車をキズつける可能性があることに注意が必要です。

 

 

プロにおまかせ手洗いでの洗車

こちらは、ガソリンスタンドなどで受けることができる、スタッフによる手洗い洗車です。

 

料金 1,5003,000円程度
所要時間 30分程度

 

プロに依頼することで、丁寧な作業が期待できます。もちろん、拭き上げまで対応してくれます。機械で車のボディを傷める心配もありません。しかし、料金も所要時間も、かなりかかる印象です。

 

 

自分での洗車

自宅にスペースがある場合、もしくはコイン洗車場に出向いて自分で洗車することもできます。

 

料金 3001,000円程度(必要な道具代は別)
所要時間 自分次第

 

自分の思った通りに作業できる魅力があります。とくに、こだわり派の方に好まれる方法です。コイン洗車場なら、高圧洗浄機などの設備を低価格で利用できるメリットがあります。しかし、スポンジやタオルといった洗車道具は、自分で用意する必要があります。また、コイン洗車場で洗車する場合、共用の場所であるため、マナーに気を付ける必要があります。また、洗車にかかる労力はかなりのものでしょう。

 

 

ズバリ!洗車のコツ

下回りにサビや痛みがある状態の車

 

どの方法で洗車するとしても、忘れないでほしいポイントをご紹介します。それは、下回りの洗浄やスチームがけです。冬季に散布される凍結防止剤や汚れを落とすことができます。これにより、サビや傷みを防ぐことができ、車を良い状態に保てます。

 

下部洗浄ができる洗車機の場合、メニューをよく見ると、オプションに「下部洗浄」というメニューがあるはずです。それを選択すれば、あとは洗車機が自動でやってくれるので気軽にできますね。

 

 

 

ワックスとは

 

ワックスは、価格が比較的安価です。その代わり、長持ちは期待できません。定期的にワックスをかける必要があります。ワックスをかけるには、洗車機の場合は、メニューから「ワックス洗車コース」や「撥水コース」を選択すれば、あとは洗車機が自動でやってくれます。自分で道具をそろえてワックスをかけることもできます。

 

ワックスの種類は、撥水や親水タイプ、濃色系・淡色系などがあります。詳しくみていきましょう。

 

 

撥水タイプ

・光沢が強く、艶が出る

・水がかかったとき、キレイな水玉になる

・ウォータースポットになりやすい(晴れの日に濡れた状態で放置すると水玉部分のあとが残ること)

 

 

親水タイプ

・ワックスほど艶がでない

・面で水をはじくため、ウォータースポットになりにくい

・セルフクリーニング効果「自浄性能」にも優れているため、雨がふることで汚れも流れ落ちてくれる

 

 

 

コーティングとは

 

コーティングは、人工的な化学物質で作られています。ワックスのようにロウを塗り込むのではなく、科学的に塗装面と結合することで、塗装面を覆い保護することができます。

 

 

コーティングの特徴

長持ちする強靭な皮膜ができ、キズや汚れがつきにくいです。耐久性・持続性の観点からも、現在の主流はワックスよりもコーティングと言えます。キズや汚れがつきにくいので、洗車そのものがラクになります。

 

このコーティングにも種類があります。詳しくみていきましょう。

 

 

ガラス系コーティング

ガラス被膜を形成するコーティング剤です。プロの業者に依頼するのが一般的です。

 

・高価格&施行時間が長い

・耐久性が高く、汚れがついても水洗いで落ちやすい

・油分が含まれていないので、仕上がりのツヤ感はあまり感じられない

 

 

ポリマー系コーティング

ポリマーとは、石油由来または化学合成による化合物のことで、樹脂系のコーティング剤です。DIYで施工できる、スプレータイプのコーティング剤の大半が樹脂系コーティングです。

 

・ほかのコーティングよりも低価格&施行時間が短い

・耐久性が低く、定期的なメンテナンスが必要になる

・仕上がりのツヤ感がよい

 

 

 

コーティングショップ選び

 

そんなコーティングですが、多くの場合は、新車時にオーダーするか、劣化してきたときに近くのプロショップにオーダーする方法があります。しかし、プロショップといっても多くあり、いったいどこに頼めばよいのか悩むことがあるかもしれません。

 

そんなときは、会宝産業にご相談ください。私たちの取引先には、信頼できるプロショップが多くあります。その中から、あなたにぴったりのショップをご紹介します。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

 

いかがでしょうか。車の価値を高めるメンテナンス、洗車の良さを再発見いただけましたでしょうか。

定期的に洗車されていたかどうかは、車の査定時に必ずと言っていいほどチェックされるポイントです。

快適なカーライフのためにも、この記事で紹介したコツを押さえて、楽しく賢くメンテナンスしましょう。10年後の査定に泣くか、笑うか、あなた次第です。

 

 

私たちは、どんな車でも買取っています。まだまだ走れる年式の新しい車はもちろん、動かなくなった、車検が切れた、廃車にしたい、事故を起こした、放置したままの車、さらにバス、トラック、フォークリフト、重機、農機など、すべての車を買取ります。車本体の査定だけでなく、部品も一つ残らず査定して買取るので、適正金額をご提示できます。

 

あなたが大切に手をかけてきた愛車も、プロの査定士がすべてをチェックし、その価値を正しく査定します。車を売ろうと思ったときは、ぜひ一度お問い合わせください。

 

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

 

得するコラム一覧に戻る

 

石川県で車買取・見積査定なら会宝産業株式会社

相場より高額買取できる自信あり!

愛車を相場よりも高く売りたい、面倒な手続きをなくして簡単に買取を依頼したいとお考えでしたら、石川の会宝産業株式会社へお任せください。会宝産業株式会社は車のほとんどの部品を再利用するため、中古車や事故車、過走行車をはじめどんな車でも買取可能です。もちろん、査定・見積り・ご相談は無料です。金沢市近郊であれば無料で引き取りにお伺いいたしますので、処分に困った車をお持ちでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県金沢市の車買取専門店 会宝産業株式会社は、国内での販売だけでなく海外への輸出も行っているため、中古車でも相場以上の買取価格が期待できます!石川県内で「車を相場よりも高く売りたい!」とお考えの方は、ぜひ会宝産業株式会社に買取・査定をご依頼ください!お車の査定は無料で承っております。

買取・査定のご依頼はこちら

関連コラム

この記事を見た人はこんな記事にも興味を持っています

得する人気コラム

多く閲覧されている人気の記事はこちら

会宝産業について

車の買取ならお任せください!

石川で中古車を高額買取する
業者を
お探しの方は会宝産業へ

石川県の車買取・査定専門店 会宝産業株式会社は、お客様の大切なお車を、相場価格よりも高く買取らせていただきます!10年以上/10万km以上走ったお車も高額査定&買取!「簡単査定フォーム」の入力時間は、約90秒!おおよその見積価格を今すぐ知りたい方におすすめです。石川県内にお住いの皆様からの車買取・査定依頼、お待ちしています。

車買取直通電話番号 0120-814-821
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp
車輌お引き取り所 周辺マップ

会宝産業株式会社
〒920-0209 
石川県金沢市東蚊爪町1-21-2

Google map

車買取直通電話番号 0120-814-821(直通)
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp

【受付時間】
(平日)8:45-17:30 
(土)8:45-17:00
※日曜日、祝日はお休みをいただいております。

会宝産業株式会社 
本社/〒920-0209 石川県金沢市東蚊爪町1-25
TEL. 0120-81-4821
[受付時間](平日)8:45-17:30 (土日)8:45-17:00
© KAIHO INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.