公開日:
車の価値を高める方法

クルマの価値が上がる?!将来査定が有利になるメンテナンス ~ブレーキ周り編~

 

 

快適なカーライフのためには、欠かせないメンテナンス。その代表格といえば、オイル交換、タイヤ交換、洗車、車検などです。ここら辺を押さえておけば、とりあえずは問題ないと思う方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、よく考えてみてください。カー用品店には、車をメンテナンスするための無数の商品がありますよね。いったい何に使うのか、車にあまり興味がない方にはよくわからないものも多々あります。言い換えると、そのぐらい、車のメンテナンス方法は多岐にわたるということです。

 

マニアックかつこだわりのメンテナンスはしないとしても、どうせするなら、愛車が長持ちするコツがわかればいいですよね。さらに、そのコツを押さえれば、愛車の状態が良いまま保たれるので、将来査定が有利になる場合もあります。

 

このシリーズでは、多岐にわたる車のメンテナンスについて、カンタンに取り入れられるものをご紹介します。コツを押さえて賢くメンテナンスして、愛車の寿命を延ばすのもよし、将来の査定に備えるのもよし。ぜひご覧ください。

 

 

 

ブレーキとは?

ブレーキとは、制動装置とも呼ばれていて、走行中の自動車のスピードを落として停止させるのに必要な装置です。

 

主にメンテナンスする部分には、ブレーキパッド、ブレーキローター、ブレーキオイルがあります。ブレーキは、安全に直結する部分なので、車検時以外にも気にかけることで思わぬ事故を防ぐことができます。

 

国土交通省によると、整備不良が原因となった事故の中で、ブレーキ装置の整備不良に関する事故が約2割との分析結果が確認されました。整備不良が原因の事故件数は、毎年数十件発生しています。これは決して他人事ではなく、だれの身にも起こり得ることであるといえます。ブレーキがきかなくなるなんて、考えただけでもゾッとしますよね。定期的な点検で、安全を守り抜きましょう。

 

 

 

ブレーキローター、ブレーキパッドとは?

 

ブレーキパッドとブレーキローター

ブレーキローター、ブレーキパッドは、制動をおこなう重要な部品で、ホイールの内側にあります。ブレーキローターは、ホイールと一緒に回転している金属の円盤です。ブレーキパッドは、このブレーキローターを挟み込むように両側に設置されています。

 

ブレーキをかけると、パッドがローターを両側から挟み込むことで、パッドとローターの間で摩擦が発生し、タイヤの回転が止まる仕組みになっています。

 

ブレーキ時に異音がしている車を見かけたことはありませんか。あの異音は、ブレーキパッドの摩耗が原因の場合があります。ブレーキパッドが摩耗すると、パッドの台座部分とブレーキローターが直に接触して異音がするものもあれば、もともとある程度摩耗すると異音がするように設計されているものもあります。

 

 

 

ブレーキローター、ブレーキパッドの交換時期は?

 

ブレーキローター

ブレーキローターの交換時期は、使用状況などによって異なりますが、一般的に10kmといわれています。パッドが当たる部分にクラック(亀裂やひび割れ)が入っていたり、レコード盤のような溝が入ってきていたりすると、とても危険ですので、距離を待たずに交換した方が良いです。

 

 

ブレーキパッド

ブレーキパッドの交換時期は、23kmとも4~5kmともいわれますが、車の重さが重いほどブレーキパッドは減りやすくなります。

 

また、近年ではAT車が大半を占めています。AT車は、MT車に比べてフットブレーキを多用するので、減りやすい傾向にあります。

 

摩耗する部分の厚みは、新品で約10mmほどですが、これが4mmほどになっていたら要注意です。

以前交換してから時間が経っていると、摩耗する部分の性能が低下している恐れもあるからです。

 

 

 

ブレーキオイルとは?

ブレーキオイル(ブレーキフルード)とは、ブレーキペダルを踏んだ力をブレーキパッドに伝達させるために必要なオイルです。

 

近年の自動車の多くに、*¹油圧式ブレーキが採用されています。油圧式ブレーキは、ブレーキオイルに圧力をかけることで作動します。

 

また、自動車の*²ABSは、ブレーキオイルの流れる量や圧力を機械的に調節することでブレーキの効きを調整しています。

 

ブレーキローター、パッドは、タイヤが回転している力を摩擦によって熱エネルギーに変換することで回転を止めています。その熱は、ブレーキローターなどから放熱されますが、このブレーキオイルにも伝わってきます。

 

この熱によって、ブレーキオイルが沸騰してしまうことを【ベーパーロック現象】といいます。ブレーキオイルが沸騰し、気泡が発生してしまうと、いくらブレーキペダルを強く踏んでも、気泡を圧縮するだけでブレーキが作動しなくなります。通常走行では起こりにくいですが、遠出などで山道を走る時に注意が必要です。

 

 

*¹油圧式ブレーキとは、ブレーキオイルに圧力をかけることで作動するブレーキのことです。これに対して、自転車によく用いられている、ワイヤーで作動するブレーキは機械式ブレーキといいます。

 

*²ABSとは、Anti-Lock Brake System の略。ブレーキ時にタイヤがロック(回転が止まること)しないようにするシステムのことです。雪道など、滑りやすい路面や緊急時などにブレーキを強く踏むと、タイヤがロックしてしまいます。タイヤがロックすると横滑りしてしまい、ハンドルが効かなくなったり、制動距離が大幅に伸びてしまったりするため、これを防ぐための機構がABSなのです。

 

 

 

ブレーキオイルの交換時期は?

ブレーキオイルのリザーバータンク

一般的に、ブレーキオイルの交換時期は24年といわれています。車の種類や使用頻度、使用状況によっても変わってきますが、ブレーキオイルは劣化の具合が分かりにくいことなどから、車検ごとに交換するケースが多くなっています。

 

ブレーキオイルは、新品だと薄い黄色っぽい色ですが、劣化すると茶色→黒色と変色していきます。ブレーキオイルの状態は、*³リザーバータンクから見ることができます。リザーバータンクは、ボンネットの中にあるので、ボンネットを開ければ自分で確認することができますね。もし、ブレーキオイルが黒ずんでいるようなら、交換することをおすすめします。

 

 

*³リザーバータンクとはオイルや冷却水などの予備タンクのことです。リザーバー=備蓄、予備、予約などの意味があります。

 

 

 

作業はちゃんとした工場で

プロによる自動車の整備

Youtubeなどで、車のメンテナンスの作業動画を見ることができますよね。しかし、先述したように、ブレーキは安全に直結する大事な部分です。一歩間違うと、ブレーキが効かなくなり、大惨事につながりかねません。また、制動装置(ブレーキパッド等、ブレーキ部品)の点検・整備(分解整備)は、国の認証を受けた工場でしかできません。*⁴ユーザー車検という手はありますが、やはり、分解整備のできるプロショップに依頼することを強くおすすめします。

 

 

*⁴ユーザー車検とは、自動車の使用者が自ら運輸支局等に車両を持ち込んで受ける車検のことです。業者に依頼せずに、自分でユーザー車検をおこなうには、車の点検・整備に関する専門的知識が必要です。

 

 

しかし、プロショップといっても多くあり、いったいどこに頼めばよいのか悩むことがあるかもしれません。

 

そんなときは、会宝産業にご相談ください。私たちの取引先には、信頼できるプロショップが多くあります。その中から、あなたにぴったりのショップをご紹介します。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

 

 

 

いかがでしょうか。

ブレーキは自動車を構成する重要な部分です。しっかりメンテナンスしているかどうか、作業記録などを確認し、自分で把握しておくことが安全で快適なカーライフを送るうえで大切なこととなります。

快適なカーライフのためにも、この記事で紹介したコツを押さえて、楽しく賢くメンテナンスしましょう。10年後の査定に泣くか、笑うか、あなた次第です。

 

 

私たちは、どんな車でも買取っています。まだまだ走れる年式の新しい車はもちろん、動かなくなった、車検が切れた、廃車にしたい、事故を起こした、放置したままの車、さらにバス、トラック、フォークリフト、重機、農機など、すべての車を買取ります。車本体の査定だけでなく、部品も一つ残らず査定して買取るので、適正金額をご提示できます。

 

あなたが大切に手をかけてきた愛車も、プロの査定士がすべてをチェックし、その価値を正しく査定します。車を売ろうと思ったときは、ぜひ一度お問い合わせください。

 

電話 0120-81-4821

メール sales@kaiho.co.jp

 

問い合わせフォームはこちら

 

 

得するコラム一覧に戻る

 

石川県で車買取・見積査定なら会宝産業株式会社

相場より高額買取できる自信あり!

愛車を相場よりも高く売りたい、面倒な手続きをなくして簡単に買取を依頼したいとお考えでしたら、石川の会宝産業株式会社へお任せください。会宝産業株式会社は車のほとんどの部品を再利用するため、中古車や事故車、過走行車をはじめどんな車でも買取可能です。もちろん、査定・見積り・ご相談は無料です。金沢市近郊であれば無料で引き取りにお伺いいたしますので、処分に困った車をお持ちでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県金沢市の車買取専門店 会宝産業株式会社は、国内での販売だけでなく海外への輸出も行っているため、中古車でも相場以上の買取価格が期待できます!石川県内で「車を相場よりも高く売りたい!」とお考えの方は、ぜひ会宝産業株式会社に買取・査定をご依頼ください!お車の査定は無料で承っております。

買取・査定のご依頼はこちら

関連コラム

この記事を見た人はこんな記事にも興味を持っています

得する人気コラム

多く閲覧されている人気の記事はこちら

会宝産業について

車の買取ならお任せください!

石川で中古車を高額買取する
業者を
お探しの方は会宝産業へ

石川県の車買取・査定専門店 会宝産業株式会社は、お客様の大切なお車を、相場価格よりも高く買取らせていただきます!10年以上/10万km以上走ったお車も高額査定&買取!「簡単査定フォーム」の入力時間は、約90秒!おおよその見積価格を今すぐ知りたい方におすすめです。石川県内にお住いの皆様からの車買取・査定依頼、お待ちしています。

車買取直通電話番号 0120-814-821
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp
車輌お引き取り所 周辺マップ

会宝産業株式会社
〒920-0209 
石川県金沢市東蚊爪町1-21-2

Google map

車買取直通電話番号 0120-814-821(直通)
車買取専用メールアドレス sales@kaiho.co.jp

【受付時間】
(平日)8:45-17:30 
(土)8:45-17:00
※日曜日、祝日はお休みをいただいております。

会宝産業株式会社 
本社/〒920-0209 石川県金沢市東蚊爪町1-25
TEL. 0120-81-4821
[受付時間](平日)8:45-17:30 (土日)8:45-17:00
© KAIHO INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.